双子座(ふたご座)の特徴や性格。12星座との相性は?

双子座の特徴や相性

12星座の占いは誰もが一度はテレビや雑誌で見たことがあるのではないでしょうか。

この記事では、そんな12星座の中から「双子座(ふたご座)」の方の特徴や性格、他の星座との相性などをご紹介します。

双子座はいつからいつまでか

双子座は、春も終わりに近づき次の夏へと移行する5月21日~6月24日生まれの方です。

春と夏を結ぶ柔軟な星座です。

双子座の特徴や性格

12星座には「区分」という分類で分ける考え方があります。

3区分は<活動宮><固定宮><柔軟宮>の三つに分けられ、行動原理を表します。

4区分は<火><地><風><水>の四つに分けられ、大事にする事、何に重点を置くかを表します。

双子座を構成する要素(区分)は以下の二つです。

  • 柔軟宮
  • 風のエレメント

これら二つの要素を部分ごとに解説し、双子座の理解を深めていきたいと思います。

3区分【柔軟宮】の特徴

柔軟宮の星座が得意とするものは調整とバランスです。

二つのものを繋ぎ合わせる力があります。

また、情報や知識を良く受け取り、吸収するのもこの柔軟宮です。

やや受け気味の性質ではありますが、状況に応じて立ち回れるのが特徴です。

4区分【風】のエレメントの特徴

風のエレメントは思考と言葉、理論を意味します。

それが転じて、人とのコミュニケーションにも繋がります。

広く浅く、自分の見聞を広げる事を重視します。

理論や理屈が先走る傾向にあり、気持ちや感情がおざなりになる事もあります。

また、自由な気風の持ち主でもあり、地のエレメントによる現実をバラバラにしてしまう事もあります。

柔軟宮×風のエレメント

この二人の意味を掛け合わせて双子座の特徴を考えると、「知識や思考をより広げる為に多く周囲の人から情報を収集する」という事になります。

特に風という性質の為、その知識はどちらかというと実践的、現実ですぐ使えるような知識の方を優先する傾向にあります。

双子座の良い面

広く浅く、多くの知識を収集するのがこの双子座の良い面です。

常に変化を求め、その変化に臨機応変に応じる事が得意なのがこの双子座の特徴です。

必然、自身の持つ話題、引き出しも多く、誰とでもお喋りできます。

自然と語彙力も多くなり、口数もとても多くなります。

また、基本的には明るいので、多くの人がいる中ではムードメーカー的存在にもなるのが長所です。

双子座の悪い面

広く浅くが基本的なスタイルの双子座。

これは逆に言うと、一つの事を掘り下げる事はあまりしないという事になります。

また、どんなことでも興味を持ちますが、実戦的なものに重きを置き、抽象的なもの(文化人類学や民俗学、占いなど)にはあまり関心が無いのも、欠点になりえます。

変化が欲しいため同じことを繰り返す作業や専門的職業にはあまり向いていません。

双子座と12星座の相性

双子座と他の12星座との相性や関係を解説します。

双子座と牡羊座の相性

変化を楽しむ双子座と、変化を自ら起こす牡羊座の組合せです。

火のエレメントである牡羊座とは相性がとても良いです。

変化や臨機応変さ、自分の知識を実戦で使う事に喜びを感じる双子座は、牡羊座側が起こす新しい事に付き合う事で自分の欲求を満たす事が出来ます。

このコンビは新しい事への挑戦に躊躇いがありません。

会社や事業のパートナーであれば常に挑戦を続けるでしょう。

恋人などであれば、常に刺激を持ち続けるコンビニなりそうです。

反面、安定性はあまりないので、事業であれば維持を意識するか、第三者が必要です。

双子座と牡牛座の相性

好奇心旺盛な双子座と安定重視の牡牛座の組合せです。

変化と行動を重視する双子座にとって、牡牛座の安定性、維持管理は少し退屈に映ります。

対して牡牛座から双子座を見ると、行動の軽やかさフットワークの軽さが不安定に見えます。

その為、この組み合わせはお互いにハラハラする組み合わせになるでしょう。

しかしながら、上手くこのコンビが機能した場合は、安定した基盤と、どんな変化にも対応できる柔軟さが出来上がります。

お互いの価値観を理解するのに少し時間がかかるかもしれませんが、分からないと言って離れてしまうには勿体ないコンビです。

双子座と双子座の相性

同じ双子座同士の組合せです。

どちらも好奇心が旺盛で広く浅く興味の対象が移り変わります。

そんな二人はお互いに知識や情報を交換し、知的好奇心を刺激しあう仲になります。

お互いにお喋りですので、気が付けば時間が過ぎている、なんてこともありそうです。

変化を楽しむ二人ではありますが、その最初の一歩を踏み出す事にはやや臆病でもあります。

なし崩し的な事はあってもはっきりした目標のもとの変化をするエネルギーに欠ける為、どちらかが最初の一歩を踏み出す必要があります。

その一歩さえあれば雪だるま式に関係が進むでしょう。

自分の一歩と外部の情報、それらを組み合わせて更に深い仲になるでしょう。

双子座と蟹座の相性

外部とのやり取りを大事にする双子座と、人との繋がりを大事にする蟹座の組合せです。

どちらも人との繋がりを大事にしますが、双子座は広く浅く、それに対して蟹座は積極的に特定の人と強い繋がりを求めます。

繋がりの深さの程度は違うものの、交流という意味では同じ目標を持っています。

また、双子座はやや受け身側ですが、蟹座は<活動宮>の為、積極的に交流を増やします。

最初の交流は蟹座になりそうですが、そこから更なる発展を広げるのが双子座になります。

あるいは双子座が選択肢を広げ、蟹座が積極的に交流するというふうになります。

ただし、単純な二人の仲という意味では双子座側が意識的に二人の時間を作る、蟹座側が双子座のフットワークを認める必要があります。

双子座と獅子座の相性

知識を広く集める双子座と自己表現が命題の獅子座の組合せです。

獅子座は自分の自己表現の為には強い忍耐力を発揮します。

しかし、やや固定観念が強いです。

基本的には人を使役することに適性があります。

対して双子座は人に振り回されくらいが丁度よいと感じます。

また、双子座の知識やアイデアが獅子座の創造性に更なる刺激を与えます。

結果的に双子座だけではなし得るのが難しい創作も、獅子座と組むことで形となりえるでしょう。

獅子座がどっしり構えているのも、双子座の最終的な帰る場所になる為、良い相性と言えるでしょう。

双子座と乙女座の相性

同じ<柔軟宮>の組合せです。

同じ<柔軟宮>ですが、双子座は広く浅く、多くの情報を収集する事を命題にしますが、乙女座は受け身的に受け取った情報を整理整頓、分析して現実的に使えるようにします。

どちらも実践的な情報を大事にすることは一緒ですが、双子座は整理などを考えず次から次へと知識や興味を増やしていきますので整理整頓を主とする乙女座からすると折角まとめたものをバラバラにされる感覚です。

二人のペースさえ合わせれば、まさに知識の宝庫で刺激的。

お互いのペースを理解し、尊重しましょう。

双子座と天秤座の相性

同じ風のエレメント同士の組合せですが、天秤座は<活動宮>になります。

どちらも交流を大事にしますが、同じく必要以上に距離を縮めないようにするため、お互いに居心地の良い距離感を保てます。

また、天秤座の方が積極的に交流を増やしていくため、それに付随して双子座側の交流も増えます。

見聞も含め、好奇心が満たされるでしょう。

ただ、お互いに二人の仲を深めようとする意識が低いため、場合によっては仲の良い友達、仕事仲間で止まる事も多いです。

恋仲に発展するには、二人きりの時間を意識的に作ることが必要です。

基本的にテンポは凄く合うので、意気投合までは早いでしょう。

双子座と蠍座の相性

広く浅く交流を増やす双子座に対して、一つに深く集中するのが蠍座です。

双子座はアンテナを常に立てて、変化を楽しみますが、蠍座は変化をあまり好まず、一つに没頭します。

双子座は使える知識を多く収集しますが、蠍座は本質を見る為に研究をします。

このように、二人の行動原理も目的もずれが多く、すれ違いが多くなります。

仕事のパートナーの場合は、お互いに得意な作業を活かせるように分担することが大事になります。

下手にお互いの作業に干渉するとやり方の違いから軋轢を生みそうです。

しかし、自分では気づかない点を気づかせる組み合わせでもあるので、その違いを認める事が出来たらぐっと成長できる組み合わせです。

双子座と射手座の相性

どちらも同じ<柔軟宮>ではありますが、射手座は火のエレメントになります。

アンテナを立て、多くの情報を得ようとすることはどちらも同じです。

ですが、双子座は役に立つような、実際的な知識を重視し、射手座は少し抽象的なもの、大きな目標を叶える為の材料とします。

行動原理が同じな分、そこの違いに違和感を覚える事がありそうです。

とはいえ、どちらも特に知識を重要視する星座、射手座の目標を理解し、双子座が協力してあげる事で、いち早く目標に届くでしょう。

逆に射手座側は双子座側の話をどんどん吸収するために、耳を傾ける必要があります。

双子座と山羊座の相性

<活動宮>ではあるものの、現実の慎重さを大事にする山羊座。

軽やかな双子座では意見の食い違いが出てきます。

知識を求める事そのものが目的になる事も多い双子座ですが、山羊座の目的はあくまでも現実の安定性、社会的な基盤を求めます。

その為、山羊座側からすると双子座の奔放さについていけない事があります。

双子座からすると、山羊座の目標がややつまらなく感じ、お互いマンネリになり気味です。

ですが、山羊座の<活動宮>に示される創造力を大きなスケールで考える事で、双子座の好奇心を刺激します。

また、具体的な作業は山羊座がするにして、知識や周囲との緩衝役として双子座が機能します。

同じ具体的な目標を持つことがポイントです。

双子座と水瓶座の相性

どちらも同じ風のエレメントですが、水瓶座は<固定宮>になります。

思考や知識を重視する星座ですので、話していて楽しい会話が出来そうです。

適度な距離感をお互いに維持できるのも良い所です。

特に水瓶座は社会性を重視しつつも、その中から個性を発揮することを信条にしています。

その理論と個性について、少し頭が固くなってしまう事もある水瓶座ですが、双子座の幅広い知識と柔軟な対応、考え方によって、頭を柔らかくすることが出来ます。

双子座側は、思考や考えについて、一つの事を考えるという事を学べる相性でもあります。

お互いに知性や交流を大事にしますが、理屈の方が先走り、感情面をおろそかにしがちです。

どんな形のパートナーでも、感情面も時折は考慮しましょう。

双子座と魚座の相性

同じ<柔軟宮>ですが、魚座は水のエレメントになります。

柔軟宮はやや受け身側になりますので、この組み合わせの場合はお互いに結論の最終決定を相手に任せがちになります。

それでいながら双子座は思考や知識を重要視し、魚座は人との気持ちの共感を大事にし、博愛主義者です。

そこの考え方の違いですれ違いが起きる事が予想されます。

その分、お互いに足りない部分を自覚し、必要な事を教えあう関係になります。

魚座は合理的な思考を、双子座は博愛の心を学べるでしょう。

時にどちらかが意識的にリードするのも大事な要素になります。

双子座の特徴や性格や相性のまとめ

この記事では、双子座の特徴や性格や他の12星座との相性を解説しました。

双子座は、変化を好まず現実の安定や維持を好む性格の持ち主です。

双子座の性格についてもっと深く知るには、12星座や星に関する他の要素を総合的に判断して占う「西洋占星術」がおすすめです。

この記事を監修していただいた「アイラ アードベック先生」もココナラメール占いで西洋占星術やタロットカードを使って占いをされています。

ご自身や恋人などの性格や相性についてもっと深く知りたい場合は、ぜひ「西洋占星術」で占ってもらいましょう!

西洋占星術についてもまとめています。

【関連記事】西洋占星術とは?どんな占い?何がわかるの?

関連記事

「今日の1位は、天秤座のあなたです」「やった、私一位だって」「私は最下位だったよ…」 占いに興味が無い人でも、自分の星座は知っている事の方が多いと思います。 毎朝流れる朝の星座占いを見て、一喜一憂したり、くだらない迷信だと鼻で笑[…]

西洋占星術
監修 / アイラ アードベック先生
占星術やタロットを使って、プロの占い師として占い館やココナラ占いで活躍中
得意な占い:占星術による恋愛傾向・人間関係・適職
ココナラ占いでは、西洋占星術講座のサービスも出品中

【ココナラ占い】
占星術で、あなたの星を読み解きます
初心者向け、西洋占星術を教えます



生まれた日と太陽星座の対応表

星座名をクリックすると、各星座の特徴・性格・他の星座との相性をまとめたページに遷移します。(リンクされていない部分は現在作成中)

太陽星座(12星座) 誕生日
牡羊座(おひつじ座) 3/21 ~ 4/19
牡牛座(おうし座) 4/20 ~ 5/20
双子座(ふたご座) 5/21 ~ 6/21
蟹座(かに座) 6/22 ~ 7/22
獅子座(しし座) 7/23 ~ 8/22
乙女座(おとめ座) 8/23 ~ 9/22
天秤座(てんびん座) 9/23 ~ 10/23
蠍座(さそり座) 10/24 ~ 11/22
射手座(いて座) 11/23 ~ 12/21
山羊座(やぎ座) 12/22 ~ 1/19
水瓶座(みずがめ座) 1/20 ~ 2/18
魚座(うお座) 2/19 ~ 3/20